2018年5月 

中耳炎は、大きく分けて2種類あります。急性中耳炎は、耳の痛み(乳幼児は痛みを訴えられないので、長く続く理由の分からない不機嫌)や耳漏(耳だれ)が主な症状です。滲出性中耳炎は、鼓膜の内側に滲出液が貯留(たまる)だけで、痛みはありません。それぞれ治療内容が異なるので、ご留意ください。

おむつの中は高温多湿なので、細菌や真菌(カンジダなどのカビ)が増殖しやすい環境です。これからの時期は気温も湿度も上がるため、さらにカンジダ皮膚炎や細菌性皮膚炎が起きやすくなります。清拭や洗ってもよくならない時は、早めの受診をおすすめします。