汗疹は、これからの乳幼児では避けては通れない問題です。汗腺(汗がでるところ)の周囲に細菌の感染などで赤くなる状態を汗疹といいます。汗腺の数は、赤ちゃんも大人も同じなので、汗の量も一緒です。そのため乳幼児では、汗疹ができやすいのです。汗疹の予防は、汗の成分に細菌がつきやすいので、シャワーで汗を流すこと、濡れタオルで汗を拭き取ることです。一旦赤くなって痒みもある場合には、軟膏などの塗布が必要です。汗疹が悪化すると、とびひやカンジダなどのカビの感染がおこります。乳幼児の体温は大人に比べて高く、基礎代謝も多いので、服装は大人より1枚薄くする方がよいのです。