中耳炎は、大きく分けて2種類あります。急性中耳炎は、耳の痛み(乳幼児は痛みを訴えられないので、長く続く理由の分からない不機嫌)や耳漏(耳だれ)が主な症状です。滲出性中耳炎は、鼓膜の内側に滲出液が貯留(たまる)だけで、痛みはありません。当院では、耳鏡で鼓膜を確認して、耳鼻科での治療が必要な場合には紹介しています。