7月になりました。お子様にとっては「夏休み」が待ち遠しい時期ですね。「夏休み」に入ると、不登校だったお子さまは毎日学校のことを考えなくてもよいので、少し元気になったり前向きな発言が見られたりします。また、チックの症状があったお子さまも少し症状が治まってきたりします。ただ、実はこれは解決に向かっているのではなく、2学期が始まると元に戻ってしまうことが多いです。夏休みという大きな休みにこそご両親様がお子さまに出来ることがあります。今、不安や悩みをお持ちの方は、まずはご相談にお越し下さい。お子さまの性格を踏まえた声かけのコツをつかみ、楽しい夏休みの思い出を作ってあげましょう。